• ホーム
  • ジフルカンの使い方って?カンジダに感染したら試してみましょう

ジフルカンの使い方って?カンジダに感染したら試してみましょう

2020年03月25日

カンジダに感染する、これは性行為によるものなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、カンジダは人の体に存在している常在菌の一種で、その正体はカビです。健康な人でも持っているカビですが、体調が悪いときや疲れが溜まっているときなど、免疫力や体力の低下により増殖して症状を引き起こす病気です。

自らが持つ常在菌が原因になるなどからも一般的な性感染症とは異なる病気です。ちなみに、傷口をバンソウコウで覆うケースは多いかと思われますが、長期間貼り続けていると患部は密封された湿った状態になる、このような環境はカビが好むものなどからも常在菌のカンジダは増殖して悪さを引き起こすことになります。

下着の中をはじめ、わきの下や乳房の下側などは適度な体温および湿度があるのでカビが好む環境などからも清潔に保つことがカンジダ予防には必要です。ただ、感染した場合には早めに治療を行うことが大切ですし、治療薬といっても家の中にあるものを使うのではなく、カンジダに効果を持つといわれている医薬品を使うことが大切です。ジフルカンはカンジダの治療に最適な内服薬で、個人輸入通販サイトで買うこともできます。

ジフルカンの使い方ですが、最初に患部をよく洗ってから乾燥させます。乾燥させることはカビが嫌う環境にするとても大切な作業です。指の間が湿っている場合は、乾いたガーゼを挟んでまめに交換するようにしましょう。口の中も衛生的に保つためにも、うがいや歯磨き、入れ歯を使用されている人は入れ歯をきれいに保つようにします。オムツを使用している人はぬるま湯で陰部の洗浄、水気をよくふき取り乾燥させます。なかなかよくならないときにはオムツの交換回数を増やすのも効果的です。

ジフルカンの使い方で大切なことは、通常成人の場合は50~100mgを1日1回服用し、小児の場合は3mg/kgを1日1回投与すること、成人の場合は1日の量は最高でも400mgを限度にするなどの注意事項がある点です。また、腟炎および外陰膣炎の場合は150mgを1日1回経口投与するなど症状に応じて増減があることをしっかりと把握しておきましょう。

基本的には、投与期間は4日から7日を目安にすること、症状が緩和されないときには他の薬剤投与に切り替えるなども大切です。個人輸入通販サイトでジフルカンを購入される場合は、人気を持つ通販サイトを使うことが大切で、値段が安いだけで決めると有効期限切れなどの粗悪品をつかまされることもあるので注意しましょう。

関連記事
正しい知識を身に付ければ性感染症をしっかりと予防することができます!

性感染症のことをSTDと呼びますが、STDは淋病・クラミジア・雑菌性尿道炎・軟性下疳・梅毒・性器ヘルペス・ヒトパピローマウイルス・コンジローマ・トリコモナス・カンジダなど性病の総称になるものです。性感染症は性行為を行うことで相手が持つウィルスが自分に移る感染症のことを意味しており、その感染経路は性器

2020年05月18日
性器ヘルペスにはバルトレックスを!事前に使い方を確認しておこう

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスの1型および2型のいずれかが感染することで生じる性感染症、1型と2型は生物・化学・物理学的性状の違いによるものといいます。違いはあるものの、どちらも粘膜から感染するなどの共通点があること、感染すると増殖して局所への病変を作り出す、口腔周辺の感染の場合には三叉神経節、

2020年02月17日
コンジローマの感染経路って?自分を守るために知っておきたいこと

コンジローマは性感染症の一つ、主な感染経路は性行為によるものです。コンジローマに感染している人と性行為を行うことで自らも感染してしまうなどからも、感染経路を特定するためにもパートナーのみの性行為を行うことが大切です。不特定多数の人々と性行為を行う人も多いようですが、仮にコンジローマに感染している人と

2020年02月25日
カンジダの感染経路を知っておけば効率良く予防することができます

カンジダはカビの一種で、真菌に分類される細菌です。水虫も真菌の一種ですが、真菌とはキノコ・カビ・単細胞性の酵母・鞭毛を持つ遊走子などの真核生物の総称です。カンジダの感染経路が性行為によるものは性器カンジダと呼ばれるもので、女性の場合は膣や外陰部に痒みなどの症状やヨーグルト状の白色のおりものが増える、

2020年04月21日
ベセルナクリームはコンジローマに効果あり!正しい使い方で早く治そう!

コンジローマは痒みや痛みなどの自覚症状がなく進行する性感染症ですが、乳頭状のイボイボが性器周りに生じるなどからも、感染している可能性は視認で行うことができます。コンジローマに感染しているときには早めに治療を開始することが大切ですが、ベセルナクリームはイミキモドを主成分にしている塗り薬で、イミキモドは

2020年02月22日
性器ヘルペスにはなぜ感染する?感染経路を把握して予防に役立てよう

性器ヘルペスは名前を聞いたことがあるものの、どのような性感染症であるのかわからない人も多いのではないでしょうか。性感染症の感染経路は性行為によるもの、性器ヘルペスは1度感染すると何度も再発する可能性が高いといわれており、感染経路をしっかりと把握することは予防に役立てることができます。ヘルペスの病変部

2020年02月20日