• ホーム
  • 正しい知識を身に付ければ性感染症をしっかりと予防することができます!

正しい知識を身に付ければ性感染症をしっかりと予防することができます!

2020年05月18日

性感染症のことをSTDと呼びますが、STDは淋病・クラミジア・雑菌性尿道炎・軟性下疳・梅毒・性器ヘルペス・ヒトパピローマウイルス・コンジローマ・トリコモナス・カンジダなど性病の総称になるものです。性感染症は性行為を行うことで相手が持つウィルスが自分に移る感染症のことを意味しており、その感染経路は性器同士や性器と肛門、性器と口などいくつかの種類があります。性感染症の予防はどのようにすべきかを考えたとき、ウィルスから守るためのコンドームの使用、そしてパートナーと自分性感染症に感染していないことを核にするための検査を受けることにあります。

検査を受けて陽性反応が生じた場合、それは治療を行うことで解決に結びつけることができる、早期発見は治療への難易度が低くなるため完治の可能性も高まります。また、検査を行うタイミングはいつでも良いわけでなくウィルスの潜伏期間の中で行うことが理想とされており、検査結果で陰性反応になっても数週間後に陽性反応が出るケースも多いなどからも、感染していないことを確認できるまでの間は性行為を控えることも予防対策には欠かせないものです。

最近、性感染症に感染する人が増えているといわれていますが、この原因の中には不特定多数の人との性行為、オーラルセックスやアナルセックスなどが挙げられます。こうした行為を行わないことも性感染症を予防することに繋がりますし、不特定多数の人と性行為を行った場合、だれから性感染症が移ったのかがわからない、大切なパートナーがいる人などの場合はパートナーに性病を移すリスクもありますので注意しなければなりません。

性感染症の中には死に至るものがあること、死に至らなくてもガンの発症に繋がるものもあることをしっかりと覚えておきましょう。女性の場合は子供を産むことができなくなる可能性を持つ性病があることも覚えておかなければなりません。例えば、ヒトパピローマウイルスは女性の多くが一生に一度は感染するといわれているウィルスで、性交渉により感染します。

免疫力で大半の場合は消滅するのですが、稀に消滅せずに残ることもありそのままにしておくと良性ではコンジローマの原因に繋がる、悪性の場合は子宮頸ガンの原因になるといいます。初めてのパートナーとの性行為のときにはコンドームを使用することも予防に繋がりますし、二人で性病の検査を受けて陰性反応を得ておけば安心に繋がります。

関連記事
性器ヘルペスにはバルトレックスを!事前に使い方を確認しておこう

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスの1型および2型のいずれかが感染することで生じる性感染症、1型と2型は生物・化学・物理学的性状の違いによるものといいます。違いはあるものの、どちらも粘膜から感染するなどの共通点があること、感染すると増殖して局所への病変を作り出す、口腔周辺の感染の場合には三叉神経節、

2020年02月17日
コンジローマの感染経路って?自分を守るために知っておきたいこと

コンジローマは性感染症の一つ、主な感染経路は性行為によるものです。コンジローマに感染している人と性行為を行うことで自らも感染してしまうなどからも、感染経路を特定するためにもパートナーのみの性行為を行うことが大切です。不特定多数の人々と性行為を行う人も多いようですが、仮にコンジローマに感染している人と

2020年02月25日
カンジダの感染経路を知っておけば効率良く予防することができます

カンジダはカビの一種で、真菌に分類される細菌です。水虫も真菌の一種ですが、真菌とはキノコ・カビ・単細胞性の酵母・鞭毛を持つ遊走子などの真核生物の総称です。カンジダの感染経路が性行為によるものは性器カンジダと呼ばれるもので、女性の場合は膣や外陰部に痒みなどの症状やヨーグルト状の白色のおりものが増える、

2020年04月21日
ジフルカンの使い方って?カンジダに感染したら試してみましょう

カンジダに感染する、これは性行為によるものなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、カンジダは人の体に存在している常在菌の一種で、その正体はカビです。健康な人でも持っているカビですが、体調が悪いときや疲れが溜まっているときなど、免疫力や体力の低下により増殖して症状を引き起こす病気です。自らが持つ

2020年03月25日
ベセルナクリームはコンジローマに効果あり!正しい使い方で早く治そう!

コンジローマは痒みや痛みなどの自覚症状がなく進行する性感染症ですが、乳頭状のイボイボが性器周りに生じるなどからも、感染している可能性は視認で行うことができます。コンジローマに感染しているときには早めに治療を開始することが大切ですが、ベセルナクリームはイミキモドを主成分にしている塗り薬で、イミキモドは

2020年02月22日
性器ヘルペスにはなぜ感染する?感染経路を把握して予防に役立てよう

性器ヘルペスは名前を聞いたことがあるものの、どのような性感染症であるのかわからない人も多いのではないでしょうか。性感染症の感染経路は性行為によるもの、性器ヘルペスは1度感染すると何度も再発する可能性が高いといわれており、感染経路をしっかりと把握することは予防に役立てることができます。ヘルペスの病変部

2020年02月20日